自作パソコンの勧め



自作メリット・デメリット


バルク品とOEM版について

必要なパーツと選び方

チェックシート


























洛陽居酒屋

パーツのことなら、ツクモにお任せ!
バルク品について

 パーツの選び方の前にバルク版とOEM版のことを知っておかなくてはなりません。
 パーツと言うのは本来、全品通電させてちゃんと動くかをチェックして店頭に並ぶのですが、バルク版というのは、このチェックを抜き取り検査(例えば100個に1個だけ検査する)だけで済ますことによってコストを下げ単価を安くした物です。
 もちろん保障期間内に不具合がみつかればすぐ新品と交換してもらえますし抜き取り検査をしているのでそう不良品が出るわけでもありません。
 但し、新品でも不具合の可能性があることだけは知っておいてください。

 OEM版とは普通のパッケージソフトとは違いパーツを買うことによって本来の価格より安く買うことの出来るソフトです。
Windows XPを例に挙げますと店頭で普通に買うと20,000円ほどするのがOEM版だと12,000円ほどでl購入出来ます。
 しかし、ライセンスに違いがあり普通に購入したものだとライセンスは個人にあり購入者が新たなパソコンに買い換えた時にそのまま、ソフトを新たなパソコンにインストールできますが、OEM版の場合は同時に購入したパーツを使用しているのが条件になります。
これは、メモリーでもハードディスクでもDVDドライブでもなんでも構わないのですので、買い替え場合でも同時に購入したパーツを1つ繋げる必要があるのです。

 私のお勧めするOEM版の購入方法は、ハードデスクと一緒に購入することです。
ハードディスクは早々買い替えもないし、ハードディスクの入れ替えする時も2台くっつけて置くことが出来るからです。

 OEM版はWindowsだけではなくMicrosoft Office(ワードやエクセルがセットになったもの正規で買うとめちゃ高い・・・)でもあります。

                                       
パソコン工房