自作パソコンの勧め



自作メリット・デメリット


バルク品とOEM版について

必要なパーツと選び方

チェックシート






















お勧めPC


洛陽居酒屋

パーツのことなら、ツクモにお任せ!
PCが動作するのに最低限必要なものです。

モニタ  今は、ほとんど液晶を買いますね
ケース メーカー完成品ではスマートな物が好まれてますが、自作ではタワー型がほとんどでパーツの組み換えも容易である。
電源BOX ケース付属している場合が多いがついてない場合もあるのでケースを購入する時は必ず確認してください。
CPU PCの頭脳と言われるもので性能がほとんどこれにかかっている。
マザーボード 呼び名のまま母体と言えるものでこれでどんな部品が組めるかどこまでの性能のものが組めるかが決まってくる。
グラフィックボード
(ビデオボード)
モニターにPCの内容を写すための物でこれがないとPCは使えないのと同じだが、マザーボードに付属している物も多い。(付属している物はグラフィックボード・オン・ボードと記載されている)
メモリ PCの電源が入ってる時に一時的に記録する部分電源を消すと内容は消えるが記録時や呼び出しが早い。少量しか記録できない
ハードディスク
(HDD)
OSやソフトなどほとんどがここに記録される。
OS 現在使われているほとんどがWINDOWSです
キーボード 説明不要
マウス 説明不要
CD又はDVDドライブ OSやソフトをインストールするのに必要です
 
 マザーボードはよく選ばないと型が違うとCPUやメモリーがつかないのでよく仕様を見ましょう。

 ここで間違えのない買い方をお教えします。
マザーを選んだら店員に
       「これのメモリとCPUください」
と言うと
      「CPUのクロックはいくつのしますか」とか
      「メモリは何メガにしましょうか?」
と聞き返してくれるので間違えることがなくなるしマザー選びを間違えてても気がつく。
教育の行き届いた店だと
       「ハードディスクはよろしいですか?」とか
       「グラフィックボードはオンボードになっていませんがどうされますか?」
とか聞いてくれて初めてでも買うのが早く進み買い忘れがなくなる。(○フマップではそうでした。)
また、聞いても分からないようなパーツショップにはいかないことをお勧めします。
パーツショップと電気店は違います。
電気店では何もわかってない店員がパーツを売ってるときがあるので注意。

正直な所29980円パソコン工房にてパーツ購入して頂きたいのは山々ですが、最初は店に行って上記のような買い方をされるのが良いと思われます。
慣れたら29980円パソコン工房の活用をよろしく御願い致します。