自作パソコンの勧め



自作メリット・デメリット


バルク品とOEM版について

必要なパーツと選び方

チェックシート











洛陽居酒屋

パーツのことなら、ツクモにお任せ!
ハードディスクドライブ(HDD)の選び方

 昔はSASIやSCSIなどの接続があったがUltra ATAかSerial ATAになっている今のマザーボードは大体両方使えるようになっているが一応は確認しておきたい。
また、シリアルATAのほうが高速でデータを送るそうだ(あまり知らない・・・)。
 ハードディスク購入時に書かれている内容が下記のような内容で容量や接続方式は見たままである。そこから下が速度に関係ある部分で回転数が多いほうが早いしシークタイムも同様。
バッファというのはHD自身が使う一時記憶のことです(ややこしいからあまり気にしないほうがいいかな?)
容量 120GB
接続方式 Ultra ATA/133
回転数 7200rpm
バッファ 8MB
平均シークタイム(読み込み) 8.9ms
 映像や画像などを大量に扱う人ならかなり容量も必要だが単位がGB(ギガバイト)時代になった今、ワードやエクセルデータではそう容量が一杯になることない。(私の場合80Gしかないが半分も使用していない)
使用方法に合わせて購入するとよい。
また、お子さんのビデオなんかを全部入れたいのであれば外付けHDDをお勧めする。
移動も出来るし本体のHDDに映像をいれると何かPCにトラブルがあったときに怖いからです。

                                            


iconicon iconicon
SAMSUNG
HD400LD
HDS721616PLA380 (160G SATAII300 7200) (HGST(日立IBM))