自作パソコンの勧め



自作メリット・デメリット


バルク品とOEM版について

必要なパーツと選び方


チェックシート
















お勧めPC

洛陽居酒屋



 私もあまりPCには詳しいほうではありませんが、デスクトップパソコンで考えてるなら
自作をお勧めしています。
 メーカー完成品のようなサポートはついていませんが、メリットのほうが多いと考えるからです。

以下で自作のメリットデメリットについて上げます。

メリット
  ・用途に合わせて機能を追加できる(必要な機能だけつけれる)
  ・不要なソフトが入っていないので動きがいい
  ・故障や性能に不満を感じた時に必要なパーツだけを取り替えれば良い
  (不具合パーツが分かっていれば保障期間内なら交換してくれる)
  ・パソコンを購入する時の見方がわかるようになる
  ・パーツ交換の場合OS(Win XPなど)を購入しなくて良いので、その金額が浮いてくる
   (XPの場合約15000円ほど)
デメリット
  ・故障の時に不具合部分を自分で考えなくてはいけない。
   (メーカー完成品の場合メーカー保障期間内はPCを送れば修理してくれる)
  ・購入したソフトしかインストールされていないため急に必要な作業が出来ても使えない。
  ・組み立て作業の都合上、今流行りのコンパクトタイプではなく、どうしてもタワー型になって
  しまう


 特に私の場合は、性能に不満を感じた時に必要なパーツだけを取り替えれると言うとこが大きいと思っています。
 最新PCに買い換えようと思った時、メーカー完成品の場合15万〜30万するところパーツの入れ替えで済ませた場合5万〜15万と半額で済むからです。

 自作というと自分で作ると言うイメージで難しく考えられてる方も多いようですが意外に簡単で組み立てパソコンと言う言い方の方が適切かもしれませんね。
                                                                   
パソコン工房


自作パーツicon
大阪日本橋・東京秋葉原に行かなくてもここで買える!! icon